目の周りがかゆい人の解消方法

目の周りがかゆいのはよくある話です。

大半の人は、乾燥によるバリア機能低下が原因。かゆくてこすって赤くなった人は要注意。確実に老化が進みます

とりあえず、ワセリンなどの刺激性のない保湿剤を塗ってかゆみが治まるなら、それはもう乾燥によるバリア機能低下です。治まらないなら皮膚科へGO!

対策としては、最も手軽なのがセラミド系の保湿化粧品を使うことです。以下を読めば、なぜそうなのか分かると思います。

乾燥で痒くなるのはなぜ?

肌は刺激から守るための機能があります。これがバリア機能です。

バリア機能は主に角質層で発揮されます。セラミドや脂肪酸などで構成されるドロッとした物質。細胞間脂質がその機能の要です。

角質細胞の隙間をピタッと埋めて、刺激物質が通過しないように防いでいます。

しかし肌が乾燥すると、主にセラミド不足となり、細胞間脂質が減少。つまりお肌がスッカスカになります。

スッカスカの肌は紫外線、ホコリ、ハウスダスト、PM2.5、チリ、水、化学成分…さまざまな物質が通過。異物と感知されてかゆみ神経が反応。ヒスタミンが分泌されたかゆみとなります。

抗ヒスタミン薬を塗ればいいんじゃないの?

かゆみを抑える薬があります。抗ヒスタミン薬が配合されているクリームがありますね。

確かにかゆみは治まるかもしれませんが、完全に治まることはありません。

なぜなら、バリア機能が低下したまま。刺激に弱い状態が続いており、ヒスタミンが分泌され続けます。それを薬で誤魔化しているだけなので、いつまでも薬に頼ることになります。

それはいずれ、薬の塗りすぎによる肌荒れを招きます。目の下やまぶたの皮膚は一番薄いからです。

保湿化粧品で入念に保湿すればO.K.?

セラミド不足によるバリア機能低下。これが目の周りのかゆみの主な原因だとします。

では保湿すればいいじゃないか?

となりますが、実はこの保湿が原因でかゆみが起きていることがあります。

保湿すればいいのは間違いではありません。しかし、バリア機能が低下しているため、化粧品に含まれる成分が過度に浸透することがあります。

肌にいい成分ならむしろ好都合ですが、化粧品の品質や形状を保つためのような防腐剤や界面活性剤などは刺激となってしまいます。

保湿を入念に入念に…と目の下、まぶたにすり込むと、余計に刺激原因が増えて目の周りが真っ赤に腫れあがることもあります。

保湿しないほうがいいの?

保湿は必要です。ただ、その前に一つ見なおすべきポイントがあります。これだけで目の周りのかゆみがピタッと止まる人も多いのです。

それは洗顔です。

特に女性が当てはまります。女性は洗顔を丁寧にやります。特に目の周りはメイクが濃い人もいますし、美容のため意識的に入念に洗いがち。

しかし目の周りの皮膚は顔の皮膚の3分の1の厚みしかありません。つまりそれだけセラミドなど細胞間脂質が元から少ない状態です。

そこを入念に洗うとセラミドがどんどん減少。目の下、まぶただけ乾燥してしまいかゆみが起きるということになります。

目の周りは皮脂腺がほとんどなく、顔の中で最も汚れが溜まりづらい場所です。洗顔料の洗浄成分が肌に付着しさえすれば、あとはサッと水で流しても十分汚れは落ちます。メイクさえ浮かしてしまえば、洗い残してしまうということもありません。

特に美意識が高い人ほど目の周りの乾燥に悩みがちなんです。一度洗顔料や洗顔時間などを軽くすることを意識してみてください。かなり変わるはずですよ。

洗顔だけじゃダメだった…どうすればいいの?

洗顔に原因がないとすると、肌質だったり、その他様々な原因が絡んでいるのでしょう。

どのみち乾燥状態を放置するのはよくありません。例えかゆみがなくてもです。肌水分量が低いとターンオーバーがうまくいかず、シワ、たるみの元になるからです。

ただ適当に保湿しても状態はよくなりません。

最終的には、セラミドなどが角質層に十分増え、特に何もしなくても刺激に負けない肌になるのが目標です。

ヒアルロン酸は水分の皮膜を作り刺激から肌を守りますが、持続性に欠けるため結局ワセリンを塗っているのとあまり大差ありません。

やはりセラミド、もしくはセラミドと同様の働きをする成分を、角質層に補ってあげるのがベスト。他の保湿成分と違い、セラミドは角質層に元からある成分。だから浸透性がよく、肌内部からバリア機能を発揮するため持続性も高いのがメリットです。

目の周りに新しい保湿化粧品を使うのは不安なんだけど…?

化粧品負けというと決まって目の周りですよね。それだけ皮膚が薄く、バリア機能が元から弱いからです。

さらに痒みまで出ている状態。なおさら新しい保湿化粧品を使うのに抵抗があるでしょう。

失敗しない選び方としては、まず主成分、その製品の狙いを見てください。

セラミド、もしくはセラミド類似成分を主体としており、あれこれ詰め込んでお得ですよ!というアピールをしていないものがベスト。お得感を打ち出した化粧品は余計な成分が多かったり、純度で問題が見受けられるからです。顔全体としては問題ないものの、敏感な目の周りの皮膚には向きません。

さらに、バリア機能について触れていることも条件です。

バリア機能について触れているということは、ほぼ間違いなく角質層の状態について理解、目の周りの皮膚のデリケートさを考慮しているからです。つまり乾燥による痒み対策として十分使えるということ。

目の周りのバリア機能保湿に使える製品例

【敏感肌専門】ディセンシア つつむ

シンプルケアで目の下もちもち快適

ヒト型ナノセラミドと刺激ブロックの特許技術を軸にした敏感肌専門ブランドのコスメ。モチっとした仕上がりと、真冬や花粉の季節の外気が全く気にならないほどのバリア機能があります。

洗顔、クレンジングはすっきりするけど刺激性がなく安心。これだけでも目の周りのかゆみ原因が除かれるかもしれません。トロッとしたセラミド化粧水は目の周りにつけやすく、サーッと染み込みべたつきもありません。

特許技術採用のクリームで目の下、まぶたを保護すれば、刺激を感じないだけでなくふっくらした印象に。スキンケアだけでなく印象変化にも使えます。

【敏感肌専門】ディセンシア アヤナス

目の印象が変わってきた人に

つつむと同じく敏感肌専門ブランド。こちらはエイジングケアも可能なかなり珍しい製品です。

通常、敏感肌にエイジングケア成分は刺激になります。ましてや痒みのある目の周りにはもっと不可能。しかしアヤナスはオリジナル成分を用いてこれをクリア。

特に痒み肌にある微弱炎症をケアし、これ以上のシワ、たるみ原因を予防。乾燥とかゆみで加速する目の周りの老化が気になる人に最適です。アイクリーム、BBクリームもラインナップ。

【製薬ブランド】常盤薬品 ノブⅢ

シンプルケアで目の下もちもち快適

臨床皮膚科医の研究によって生み出された、バリア機能強化に特化したセラミドコスメです。

肌バリア機能を支える皮脂、セラミド、NMFの3つに着目。セラミドは年齢で減少しやすいセラミド3を採用し、肌構造と同じ状態で角質層に展開。乾燥もかゆみも知らない美肌の状態に近づけ維持します。

肌荒れ防止成分配合で、既に弱ってしまった目の周りの皮膚も安心。ベースが製薬会社だけに成分、安全性に確かなものがあります。

ビーグレン トータルリペアアイセラム

目元の印象が老け気味の人に

ヒト型ナノセラミド7種類のアイセラムが試せる総合トライアルセット。シワやたるみ、クマやくすみなど、乾燥からくる肌の衰えを、刺激を避けつつ可能な限りケアできるほぼ唯一の美容液です。

本来は刺激となってしまう成分も、多重層のリポソーム技術でゆっくりと成分放出するため、成分濃度が一定で刺激になりません。他のブランドでは試せない美容成分で目元の印象を変えてくれます。

ライスパワー アトピスマイル

シンプルワンケアで簡単安心

セラミドを増やす作用のあるライスパワーエキスNo.11配合の医薬部外品コスメです。

肌内部でターンオーバーを整えてセラミドを増産させる作用はこれだけです。即効性はありませんが、自分の肌で自分のセラミドを作れるため、使い続けると安定した肌バリア機能が生まれます。

特に肌のキメが整うため、目の周りのメイクのノリも格段に変化を感じます。化粧水なしのアトピスマイルだけケアでも十分。安全性にこだわった製品なので、家族共通で体のどこでも使用可能なのもお得。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

知っておきたい補足事項